株式会社ジーエスアイ
HOME サイトマップ お問い合せ English

会社案内 @ブログリーフ グリーフサポート エンバーミング 法人サービス
@ブログリーフBlog
@ブログリーフ
私たちのブログが一枚の葉(リーフ)として生まれ、
やがて大地に根付いた大きな樹となって1人1人のグリーフを支えられますように…。
@ブログリーフ

2017年12月31日

2017年も大変お世話になりました。

2017年も大変お世話になりました。

今年も、ジーエスアイが提供するエンバーミングならびにグリーフサポートセミナーを多くの方々にお選び頂き、心より感謝を申し上げます。

この年の瀬に2017年を振り返ってみたいと思います。

2016年までの弊社は、私自身が、アメリカで学び、実践してきた事を基礎にして、いかにその企業や受講生にプラスになることを提供できるかということについて、取り組んできました。

しかし、ここ数年はそれだけでは、十分ではないことを実感し、改善を続けてきました。

2017年は、それがさらに加速した1年だったように思います。

これまでで一番、弊社セミナールームでの自社運営セミナーを受けてくださった方々や法人研修を通じて受講してくださった方々と出会った1年でした。本当に真剣に取り組んで下さった受講生の皆様に心より感謝申し上げます。

今年も多くの受講生のみなさんに、グリーフサポートセミナー、葬儀のプランニングセミナー、ご遺体の処置研修などのテーマについて学んでいただく機会を作ってきましたが、ただ単に知識やスキルだけを伝えれば十分なものになる訳ではなく、その中で、「本当に大事なことは何か?」、「何を変化させる必要があるのか?」、「変えてはいけないもの何か?」などを「考える力」をいかにして身につけてもらうか、そのための取り組みに注力してきた日々だったと言えます。

多くの経営者の悩みや、現場で働いているスタッフの方々が「自分が取り組んでいることがご遺族にとって役立っているのか?」、「そもそも自分の仕事が必要とされているのか?」などの不安を抱え、「一体どうすればいいの?」と言う思いを目の当たりにして、私たちも身の引き締まる思いがした研修の場が続きました。

そこには、お客様も働いているスタッフも、誰にとっても何とかいい方向に進めたいと言う思いを持っている経営者が、自分の思いがうまく伝わらないことに悩み、現場のスタッフに自分の思いを理解してもらえず、これまで通りの仕事をしていることにモチベーションを失っている姿を見ることもありました。

そして、お客様のためにできることを必死に探すと同時に、継続するための収益をどの様に確保すればいいのかと言うことを色々工夫して取り組みながらも、その結果をうまく出すことができない葛藤を感じている管理職の姿も見ました。

お客様や患者さん、利用者のためにこれをしてあげればいいということはわかっているのに、社内の細かいルールがあるためにそれができない事に、この仕事を続けていくことの価値を感じなくなっている現場で、それでも必死に頑張っているスタッフの人もいました。

ジーエスアイのセミナーには、多種多様な職種の人が受講されています。もちろん葬祭業に従事する方々が一番多いのですが、宗教者やカウンセラー、看護師、士業の方々など、どの業種においても、これまでそれぞれの業種に期待されていた取り組み方だけでは、消費者や利用者に満足していただくには、まさに「限界」を迎えていることを痛感しました。

「情報爆発」と言う言葉ご存知でしょうか?
インターネットの普及により、人々の前に表出する情報は加速度的に増得る一方です。それによって、個人が自分にとって必要な情報を探し出し、管理していくことが難しく困難になるような状態だけでなく、それに関わるさまざまな問題が現れる状況を指す言葉です。

2001年にアメリカの研究者が、情報の流通量と私たち人間の情報処理量の比較をして、届けたい「情報」を相手に届けるためのコストや手間がどんどん上がっていると言っています。届けたい側も以前に増して苦労していることは間違いないのですが、情報を入手する側としては、どうでしょうか?

情報が氾濫している様な状況に置かれたときに、人は押し寄せる情報を処理しきれず、精神的にまいってしまいます。そうした状況を、アメリカの著名な社会心理学者スタンレー・ミルグラムは「過剰負荷環境」と呼びました。

過剰負荷環境にある人間は、押し寄せる情報に対し、以下の4つの方法を用いて対処しようとします。

① 短時間処理:情報を可能な限り短時間で処理しようとする
② 情報の排除:自分にとって有益でない情報を排除する
③ 責任回避:問題が起きても、自分に責任が及ばないように他人に擦り付けて回避する
④ 他者の利用:他者とコミュニケーションをとる場合、直接にではなく、他人やその他間接的な手段を介する

過剰負荷環境においては、人は溢れる情報の中から必要な物だけを取り入れ、自分に必要のないものは無視するなどといった行動をとるようになります。

対人関係においても、自分と関係のない人とは最低限のコミュニケーションしか行わず、必要に迫られない限り自ら関わろうとはしなくなるのだそうです。

この様な状況においては、これまでだったらうまくいった方法で接したとしても、満足してもらうことも、こちらが意図したことを理解してもらうこともできなくなりつつあるのです。

そんな状況に対して、ただ闇雲に「新しいこと」や「値段を下げること」などで対応することは、更に状況を厳しいものにするだけで余裕もなくなり、取り組んでいる本人も、その人が所属している企業や組織も疲弊する悪循環に陥ってしまうのです。

2017年は、法人研修ならびに自社でのセミナーにとことん取り組んできたからこそ見えた世界がありました。それは、「自分にしか提供できない価値を見つけ」、そして、「自分の提供できる価値を安売りしない」事でしか、継続的に取り組み続けられないと言う事です。

2018年は、避ける事の出来ない状況や環境を嘆くのではなく、その企業や個人だけが作り出すことができる、“光り輝く”「価値」を継続的に提供できる様に、役立つ研修プログラムを提供する予定です。

2018年も、さらにスピード感を持って取り組んでいきます。

2018年が皆様にとって素晴らしい1年になります様、祈念しております。

2017年12月31日
株式会社ジーエスアイ 代表取締役 橋爪謙一郎

2017年04月30日

第6回 「グリーフサポートバディ」資格認定試験  合格者を発表致します。

第6回 「グリーフサポートバディ」資格認定試験 
合格者を発表致します。

合格者 受験番号

6-1212-0001
6-1212-0002
6-1212-0003
6-1212-0004
6-1212-0005
6-1212-0006
6-1212-0007
6-1212-0008
6-1212-0009
6-1212-0010
6-1212-0011
6-1212-0012    以上12名

2017年01月24日

創立記念日をむかえて

1月23日は、ジーエスアイの創立記念日でした。

13年がたちました。


その「13年プラスα」の道のりがどの様なものだったかを今日は、振り返ってみたいと思います。


アメリカでエンバーマーのライセンスをカリフォルニア州から認定を受け、グリーフサポートを日本の文化に合う様に大学院で、幅広くかつ深掘りをして学び&研究をした日々を終え、修士号取得することができました。

アメリカに渡った当初に掲げていた目標を達成したのが、この頃でした。

さらに、学んだことを様々な試みを実際に試し、地域の日系のお客さまだけでなく、多様性に富んだ顧客に喜んで頂ける様になり始めた時に、思う所が有って2001年に帰国したのもついこの前の事の様に感じます。


本当に仕事も充実していて、アメリカに永住すると言う選択肢もありましたが、日本に帰国してやらなければいけない事が自分にあると信じて、敢えて楽ではない道を選んで必死に走り始めたのが、2001年の頃でした。


2001年に帰国してから、2004年までの3年間は、葬祭関連の教育のために、昼夜を問わず、取り組んだ時間でした。
これは、必ず身につけておかなければいけないことだと思ってカリキュラムを組もうと思っても、教科書がない。
教えるにしても、教える人によって言っていることがことごとく違う。

教わっている学生や研修を受けているスタッフが、混乱する様なことが頻繁に出るなどの事象に一つ一つ対応しながらも、本質的にどうあるべきかを考え続けた日々でした。

2004年1月23日に、そんな経験、知識、そして、思いを持って「ジーエスアイ」を登記しました。
しかし自分の理想を実現し、そして、その成果を必要とする個人や法人に気づいて貰い、企業として成り立たせる事は困難の連続でした。

自分一人であれば、楽なこともたくさんあるものの、それでは、僕自身に何かあったときには、全てが終わってしまう。
大きな壁にもなんどもぶつかり、その度に、苦しい思いもしてきました。
しかし、そんな時に、いつも支えてくれる、続ける勇気や理由を与えてくれる人たちが周りにいたことは、本当に幸せだったと思います。
その存在がなければ、諦めた方が簡単だったと正直思います。


2017年は、2020年に向けてさらに厳しい勝負の年になると思います。
この3年間に会社の軸を固め、自分たちがやるべきこと、求められていること、
そして、自分たちにしかできないことを戦略的に取り組んでいきます。


これまで身に着けてきたこと、創ってきたことを活かし、そして、支えてくださったみなさんの私たちに対する期待を糧に、グリーフサポートを目に見える形にしていきたいと思います。

これからも、株式会社ジーエスアイをよろしくおねがいいたします。

2017年01月01日

2016年 今年も1年ありがとうございました。

間もなく2016年も終わります。

今年も、沢山の方々にジーエスアイの考えるグリーフサポートに共感いただくと共に、様々な場所、様々な職種の方々に話を聞いていただく機会をいただきました。

そして、私たちが主催するグリーフサポートセミナーにも、セミナー始まって以来、年間受講生数も最高記録となりました。心よりお礼を申し上げます。


今年は、ジーエスアイにとって、昨年生み出したものを実践していく1年。
特に新設した「プランニングコース」を完成させていく1年でした。受講した皆さんから、受講のフィードバックをいただき、試行錯誤をしながらも、この1年でしっかりとした形を創ることができました。

一方、企業としては、いかに個性あふれるメンバー6名の才能を活かして、事業を推進していくかに集中した一年でもあったように思います。

昨年から引き続き、代表の橋爪以外のメンバーもセミナーや企業研修を行ったり、新設したグリーフサポートの専門サイト、”グリーフサポートラボ”にてブログを開設するなど、自分の言葉で発信していく試みも始めました。

まだまだ、よちよち歩きではありますが、個人から企業としてのジーエスアイに向けて少しづつ成長をしてきました。


そんな1年の中で、さらに嬉しかったことは、これまで、葬儀関連サービスに従事する人達に向けて、グリーフサポートの重要性を伝えて参りましたが、今年は、葬儀業界以外の方々にも少しづつ、ジーエスアイのグリーフサポートの価値を感じていただくことが増えた1年だったように思います。

さらに、2017年はこうした1年の活動をさらに発展させて、もっと分かりやすくグリーフサポートを形にし、伝えていきたいと思います。


世の中的にも、後半は常識が覆されるような出来事が起こりました。来年がどんな年になるかわかりませんが、私たちジーエスアイがずっと大事にしているものを忘れることなく、思い描く未来に向かって、邁進していきたいと思います。


来年は酉年。「酉」と言う字は果実が成熟の極限に達した状態を表していると言われています。これまで積み重ねてきたことが実となる一年にしたいと思います。

来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。


株式会社ジーエスアイ
専務取締役 橋爪清美

2017年 明けましておめでとうございます。

2017年 明けましておめでとうございます。

謹んで新年の御慶びを申し上げます。
旧年中は大変お世話になり、誠に有難うございました。
本年が皆様にとって幸多き年となりますよう、お祈り申し上げます。


さて、ジーエスアイは2004年に起業してから、大切な人を喪った時に、その人を支えることができる社会や事業のインフラを構築するために、グリーフサポートとエンバーミングの事業を中心に取り組んできました。

2005年に日本の人口の減少が始まり、2016年は、政治的にも経済的にも、社会の様々な場面で、大きな変化の真っ只中にいることを痛切に感じさせられた年だったと感じられた人も多かったのではないかと思います。

その変化は、イギリスのEU離脱、トランプ大統領の誕生、舛添要一都知事の辞任に伴う小池新都知事の誕生などの2016年に起こった事象として現れてきたと考えられます。これは、社会の変化を象徴するもので、特に「人口減少」、そして、「高齢社会」の中にあっては、既存のビジネスや社会の中にある様々な「互助」の仕組みが十分に機能をしなくなる「兆し」を示して、これからの社会に向けて変化・成長を遂げる必要性を強く指し示してくれたのだと感じています。


ジーエスアイも、「2016年は待ったなしの一年」だと強い危機感を感じながら社業に取り組んでまいりました。その中で、グリーフサポートを継続することの重要性とともに、継続することの難しさも合わせて感じた1年でした。

大切な人を喪った時に、支えを提供することは大事ですが、一度支える約束をしたら、それを続けることは、もっと大事なことです。

その為には盤石な基盤を作り、継続するにはどうしたら良いか、様々な立場や職業の人たちと共に考え、2016年までに作り上げてきたものを土台にして、2017年はさらなる広がりを遂げていけるように、取り組んでいく1年にしていきます。

個人的には、2016年後半は精神的にも体力的にも、少し息切れ気味でした。
次なるステージに向かうために、これまでに取り組んできたことを基礎として成長できるよう、体力をつけることと無理をしすぎないことを課題として、取り組んでいきたいと思います。


2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


2017年1月1日

株式会社ジーエスアイ
代表取締役 橋爪 謙一郎

2016年10月04日

昨日は、ジーエスアイ下期キックオフミーティングでした。

社内スタッフにも新しい仲間が加わりました。

今回は、スタッフU君のリクエストに応えて、外部でお手伝いいただいたる方たちとみんなでお寿司!!!

今年度残り半分を、気持ちも新たにして、掲げた目標を目指して頑張ってまいりたいと思います。

皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

14590340_1263427507022918_2653414468786307960_n.jpg

2016年04月30日

第5回 「グリーフサポートバディ」資格認定試験 合格者を発表

第5回 「グリーフサポートバディ」資格認定試験 合格者を発表致します。

     合格者 受験番号

5-1717-0001     5-1717-0002

5-1717-0003     5-1717-0004

5-1717-0005     5-1717-0006     

5-1717-0007     5-1717-0008     

5-1717-0009     5-1717-0010

5-1717-0011     5-1717-0012

5-1717-0013     5-1717-0014

5-1717-0015     5-1717-0016

5-1717-0017     

以上17名

2016年04月07日

4月に入り、ジーエスアイも新年度に入りました。

先日、社内のキックオフミーティングが行われ、
ジーエスアイを支えて下さっている社外の方たちも含め、
今年度の事業目標などを全社で共有し、その後慰労会を行いました。


1460013820241.jpg

P1040270.jpg


昨年度、ジーエスアイは、エンディング産業展に出展するなど、
新しいことに挑戦した1年でしたが、今年は、そのままの勢いで、
さらにスピードを上げて昨年練り上げた新プランを実行していく1年にしていきたいと思っています。


また、昨年度は、個々のスタッフの成長も著しい一年でした。
エンバーミング事業部のスタッフは全員がセミナーで話ができるようになりましたし、
グリーフサポート事業部のスタッフはマーケティングに関する仕事にも
才能を活かすことができるようになりました。


そして、これまでプランはできていても実行に移すことが苦手だった部分も、
ディレクション業務が得意なスーパースタッフが形に変えていくことを後押ししてくれました。


今年度は、引き続き個人の成長を促しながら、さらにその才能を結集してチームで成果を上げることがカギになると思っています。


現在、まさに今月29日・30日に実施される、第5回グリーフサポートバディの受験に向けて、
今年は17名の方たちが準備中です。

今年全員が合格すれば、日本各地に70名のグリーフサポートバディが誕生することになります。


大切な人を亡くして、苦しい思いをしている方たちを支えるために、
死別に関わる仕事を通じて何をすべきなのか、それをト-タル100時間以上学び、
考えて来た方たちです。


私たちは、ジーエスアイの社員だけでなく、グリーフサポートバディと共に
グリーフサポートのネットワークを日本各地にいろんな形で広げていき、
グリーフに苦しむ人たちが、1人で孤立することのない社会を作っていきたいと思っています。


今夜にも春の嵐で桜も散ると、本格的に1年が始動する感じがいたします。

今年度も、ジーエスアイにご期待いただければと思います。

1460013637102.jpg

2016年03月22日

読売新聞に掲載されました

3月20日付の読売新聞朝刊「生きる語る」のコーナーで、代表の橋爪謙一郎のインタビュー記事が掲載されました。

今回は、エンバーマーとしての取材です。
エンバーマーになるまでにも、色んな経験を積み重ねてきたことが、今のグリーフサポートの事業にも活かされています。

橋爪の違う一面も知っていただけるきっかけになればと思います。

記事はこちらからご覧ください。

2016年02月10日

『グリーフサポート ミニセミナー』開催のお知らせ

グリーフサポートについて知りたい、ご遺族に対してどう対応したらいいのかわからない、と言ったことでお悩みの方向けに、ミニセミナーを開催いたします。

このミニセミナーは、ジーエスアイのグリーフサポートセミナーでどんなことを学ぶことができるか、どんな風に活用できるのかについてお話しする、90分ほどのセミナーです。

私たちが「グリーフサポートセミナー」において大事にしていること、
グリーフサポートについて、ジーエスアイはどう考えているか、
そして、これまで実践している受講生の皆さんの事例を交えながら、活用方法についてお伝え致します。

以下のような方は、次回のミニセミナーに是非おいでください。

・ベーシックコースを受けようか迷っている方
・まずは、グリーフサポートが何か知りたい方


ミニセミナーに参加いただいた後にベーシックコースを受講される方は、ベーシックコースの受講費を、3,000円を割引させていただきます。

皆様のご参加を、お待ちいたしております。

【詳細】

日 時:平成28年3月3日(木) 友引前 17:00~19:00
会 場:株式会社ジーエスアイ セミナールーム
   東京都中央区日本橋人形町2-17-10 小池ビル4階
講 師:橋爪清美
参加費:3,000円(税込)/当日会場にてお支払いください。
お申込み:フォームよりお申し込みください。