葬儀プランニングコース

葬儀プランニングコース

グリーフサポートの基礎を学んだ方が、葬儀の仕事を通じてグリーフサポートを行っていくための講座です。

仕事につなげる具体的な考え方や、活かす方法を学びます。

コース概要

グリーフサポートの基礎を学んだ方が、学んだ3つの柱を活用して葬儀の打合せからプランニングを行い、ご遺族にとって意義のある葬儀を創り上げていくための実践講座です。

これまでも、宗教的な観点や社会的観点から、葬儀の必要性は語られてきましたが、現実的に葬儀を体験するご遺族の心理的な観点からの説明がしっかりなされていたかと言うと、多くの場合、無いに等しかったのではないでしょうか。

葬儀の簡素化や縮小化が進み、棺や祭壇、お花、返礼品と言った葬儀に関連する商品についても、消費者にとっては全く価値を感じられないものとしか捉えられておらず、お金をかけたくない、なるべく安いもので良い、本心では「いらない」と言えるものなら言いたいと思うような状況にあることも事実です。

その一方で、死別を体験した後、感情を押しこめたまま、表に出すことができずに何事もなかったように生活を送り、苦しんでいる多くのご遺族がいるのも事実です。

大切な人を亡くした人にとって、その喪失との折り合いをつけていくために、葬儀で気持ちを表したり、支えたいと思っている人とのつながりを感じることができる体験は、その後のグリーフワークに大事な役割を果たすものであると考えます。葬儀は悲しみと向き合う時間を与えてくれ、さらに周囲に支えてくれる存在やシステムがあることを知る良い機会なのです。

打ち合わせを通じて葬儀の価値をしっかり伝える事で、大切な人のために、その家族がどんな形で送ってあげたいのかを一緒に考え、形にすることができれば、それぞれの家族らしいお別れの時間を体験してもらうことができるようになるはずです。

本コースでは、葬儀の場を、ご遺族が悲しみと折り合いをつけるための場として見直し、葬儀に新たな価値を見出すことで、ご遺族とのさまざまな打合せの時間を通じて、ご遺族の本当の思いや考えに気づくためのスキルや、葬儀を構成する要素を学ぶことで、葬儀のプランを考えるための方法を身につけることができます。

各コース受講の流れ



初級

コース概要

  • 葬儀の事前相談や、実際の打合せにおいて、ご遺族にとってなぜ葬儀をすることが重要なのかを伝えるための打合せスキルを学びます。
  • 今自分が行っている打ち合わせの順序や、伝えるポイントを見直し、グリーフの状態にあるご遺族に伝えるための効果的な方法を身につけます。
 ※グリーフサポートセミナーのベーシックコース修了者のみ、受講可能です。

カリキュラム

内容
第1章
なぜ葬儀の打合せを変える必要があるのか
第2章
葬儀の意味とそれぞれの要素がどのように結びついているのか
第3章
打合せ自体の顧客満足
第4章
ワーク

コース詳細

日数
2日間 (初日13:00~18:30/2日目10:00~18:00)
計13.5時間
会場
GSIセミナールーム  → Googleマップ
(東京都中央区日本橋人形町2-17-10 小池ビル4F)
受講料
プランニングコース 162,000円(税込)
※すでにベーシックコースを受講された方は、プランニング部分のカリキュラムのみ 64,800円(税込)でご受講いただけます。
本コースは、グリーフサポートの基礎を学ぶセミナー[ベーシックコース]の受講が必要となります。

今後の開催日程

セミナー年間スケジュール

第6期
満員御礼
カリキュラム1 平成29年 1月 11日(水)10:00~18:00
平成29年 1月 12日(木)10:00~18:00
第7期
カリキュラム1 平成29年 5月 23日(火)10:00~18:00
平成29年 5月 24日(水)10:00~18:00
お申込み

受講生の声

ご自分なりに得られたと思うものは何ですか?
セミナー受講後、具体的な成果や変化はありましたか?

葬儀社経営者
有限会社花久葬祭
エンディングアドバイザー
澁木いずみ さん

このセミナーを受講してから、葬儀の意味を説明するようになって、いわゆる1DAY葬儀を希望されていたお客様から、お通夜をしたいと言われたり、ごく身近な人達だけでの家族葬を希望されたお客様が、結局は数十名規模の葬儀を挙げることになったりと、葬儀の形が変わっていきました。そして、必要だと思う物を納得して選んでくださったことから、顧客満足度も上がり、結果として葬儀単価UPにつながっています。

葬儀社経営者
株式会社山内葬祭
代表取締役 山内誠一 さん

葬儀の事前相談や毎月のイベントなどを通じて、葬儀がなぜ必要なのかを伝えています。それが普及活動となって、葬儀の事で心配になるとわが社に問合せをして下さるお客様が増えています。その繰り返しによってお客様との信頼関係ができ、本当に大切な方が亡くなられた時に頼って下さるのだと思います。信頼関係ができているご遺族が、社員にたくさんの思い出話しをしてくださるので、それがグリーフサポートにもつながり、結果として会社全体の顧客満足度や売上が上がるという循環ができているのだと思います。

オリジナル会葬礼状制作
株式会社マコセエージェンシー
グリーフサポート部 グリーフサポート課
課長 中尾美佳 さん

正直、葬祭ディレクターではない自分が受けていいのだろうか?場違いではないだろうか?と不安だらけでしたが、受講してみると、今の自分が受けなければいけない内容だったとすごく感じます。ご遺族に伝えることの意味、私たちの役目を再認識しました。ここで教えていただいた内容は、時間がかかっても、社内の人間に必ず伝えます。ありがとうございました。

葬儀社経営者
株式会社ファイング
川上恵美子 さん

学んだグリーフサポートが現場で形になることで、必要性、重要性に初めて気づくことができ、継続して学ぶ意味が出てくると思います。特にスタッフは、「やらされている」感覚が「やって良かった」「もっとしたい」に意識が変わるコースだと思いました。参加者の方との共有と、講師からのレクチャーで、スムーズに理解できました。

葬儀社経営者
株式会社グリート
代表取締役 服部慎吾 さん

打ち合わせの順番によって、また、導入から要点をまとめるまでの打合せの内容によって信頼関係が大きく変わると思いました。

葬儀社経営者
株式会社むさしの
常務取締役 高橋賢治 さん

葬儀の必要性、葬儀の内容の1つ1つの意味を知り、伝える事で、葬儀社で働くスタッフのやりがいや地震にもなるし、なにしろご遺族のためになることが理解できました。

各コースの詳細はこちらセミナー年間スケジュール

このページの先頭へ